前へ
次へ

耐震性能にも着目してマンションを選ぶと良い

建築基準法は随時改正されており、耐震基準も昔に比べて格段に厳しくなっています。
最近建築されたマンション等では十分な耐震性能を有していることが多いですが、築年数が経過している物件の場合には、劣化等もあるので注意が必要です。
また、旧耐震基準で建設された建物の場合には、耐震診断を実施して耐震性能を確認しておくことが重要であり、必要に応じて耐震補強を行うことが大切になります。
日本では大きな地震が発生することが多いので、住まい選びの際には耐震性能をしっかりと確認しておいた方が良いです。
中古のマンションを探している場合、築年数が古い建物は耐震補強等の実施状況をきちんと確認しておくことが重要となります。
耐震補強を実施していれば、大きな地震が発生した時に建物が倒壊してしまう恐れも少なくなるので、命を守ることが出来ます。
補強方法には様々な方法がありますが、外部にオイルダンパーを設置しているような補強であれば、地震エネルギーそのものを小さくすることが出来るでしょう。

Page Top